top of page

子どもの英語学習にフラッシュカードは効果的?

What are Flashcards? フラッシュカードとは?

"Flash"とは「瞬間的に現れるもの」の意味です。主に単語の暗記に有効なツールとして昔から取り入れられてきました。家庭での英語教育にも上手に取り入れると、子どもの語彙を飛躍的に伸ばせます。ただし、注意点もありますのでフラッシュカードのMeritとDemerit を正しく理解した上で導入しましょう。


The Merits of Flashcards フラッシュカードのメリット

Flashcardを使っている時に見せる時間は1秒以内です。すると生徒は瞬時に全体を把握して言葉を覚えるようになります。強制的に細かいところに目がいかないようにしているのが特徴です。

Flashcardは第二次世界大戦中に敵の戦闘機を素早く見分ける力を養うための訓練として導入されたものだそうです。戦闘機のパイロットは、瞬時に敵/味方を識別したり敵の数を把握したりしなければなりません。


敵と味方の戦闘機の写真をFlashcardにして戦闘機の名前を覚えました。数の把握方法については、それぞれのカードにドット(黒い点)を打ちその数を言い当てる訓練をしていたそうです。


人間の認識能力では、4つか5つのドットまでは瞬時に数を把握できます。しかし、6以上になると端から「いち、に、さん…」と数えていかないと数を把握できません。


ところがFlashcardによる訓練を重ねると、ドットが100を超えても瞬時に数を正確に言い当てられるようになったそうです。このようにFlashcardは視覚情報を通して大量の情報を脳にインプットするのに適しています。


英語に応用すると、Flashcardに描かれた絵を見たときにそれに対応する英単語を口から瞬時に出せるようになります。さらに応用すれば、「絵-単語」だけでなく「絵-関連したセンテンス」もインプットできます。


ある程度の年齢になってから英語を学習すると「車の映像→くるま→car」のように、一回

日本語を間に挟みます。Flashcardで学習するとイメージとcarが直結して、瞬時に英語を口から出せるようになります。


また、幼児で大量の語彙を身につけると周りの大人から「よく知っているね!」とほめられることが多くなります。その結果、自分に自信を持つようになり、さらなる学習意欲の向上につながるのがMeritです!

Opmerkingen


bottom of page